主婦だからこそ在宅ワークを

女性の社会進出が叫ばれるようになって随分経ったように思えます。企業の上層部などにおいては未だに男女差はあると感じられる面がありますが、一般的な会社の中や世間一般での就労ということを見ていると、女性の社会進出は実現しているようです。

また不況が長引く中、専業主婦ということが許されなくなっているという背景もあるでしょう。しかし残念なことに主婦が抱えている家事は相変わらず主婦が背負わなくてはならない側面が強く残っています。

このため主婦が働くということについては、やはり様々な制約が存在しています。このため主婦層で在宅ワークを始める人が増えているのです。というのも在宅ワークは自宅で仕事をすることが出来るため、家事と仕事の両立が成立しやすいのです。

また一昔前の内職であれば単純作業の延々繰り返しでしたが、いまでは知的労働と呼ばれる分野が在宅ワークの中心となっています。このためコツややり方を身に付ければ、従来の内職とは比べ物にならないほどの報酬を得ることも可能になっているのです。

家計のために働けと言われていたが、パートに出るには肉体的な負担が大きく、仕方なしに夫の言いなりになっていた主婦にとって、在宅ワークは福音とも言える存在です。外出する必要も無いため無駄に化粧をすることも無いのですから、化粧品代の節約にもなるでしょう。

また頑張り次第ではパートなんかより大きな報酬を得ることも出来るのですから、家事の負担もせずに偉そうにしている夫を見返す大きなチャンスだとも言えるのです。少しでも興味が会ったら在宅ワークにチャレンジしてみませんか?

在宅ワークは信頼関係が重要です

在宅ワークを始めたいと思ってスタートしたその日から、クライアントである企業との信頼関係の構築については十分に注意を払ってください。面接などであなたのスキルを確認すれば仕事を発注してくれる企業はけっこう多いと思います。但し発注してくれる仕事の内容はデータ入力などの単純作業であることが大半だと思います。

しかし高度な知識や経験・スキルといったものを要求されるような高額な案件ともなれば、このような簡単な形で提供されることはありません。具体的な例をあげて言えば、その企業で3ヶ月ほど就業してスキルがあることを見せて初めて持ち帰ることが出来るようになるのです。

しかしこの話はこれだけでは終わりません。契約という問題が立ちはだかります。その企業の正社員という雇用形態に切り替えたうえで、労働形態を在宅ワークという形にするのか。はたまた個人事業主として企業から仕事を請け負う形するのかです。

個人事業主として仕事を請け負い場合は、恐らく在宅ワークに対して持っていたイメージそのままです。1つ1つの案件に対して契約を行い、仕事を完成させたら納品して報酬が払われていきます。

しかし正社員という形で雇用された場合の在宅ワークは全く異なるものになるのです。決まった就労時間に「今から業務を開始します」というメールを会社に対して送ることで、その日の仕事がスタートし終わったら「これで業務を終わります」という連絡をする必要があります。

また業務時間中は常に連絡がとれる状態にしておく必要があるため、ほぼパソコンの前に釘付けとなるでしょう。簡単に言ってしまえば会社という場所に行かなくて良いだけで、まったく会社員の生活と変わることは無いのです。

一方の個人事業主の場合は、請け負った仕事の完成義務はあるものの、労働時間などに縛られる必要は全くありません。今日は体調が悪いから休んで、明日は2倍の仕事をしようと思ったら自分で決めれば良いだけなのです。

もちろん仕事を完成させなくてはならないのですから、厳しい自己管理が必要になるのは言うまでもありませんし、それでも良いと言ってもらえるだけの信頼関係を築いておく必要があるのです。在宅ワークを行っていくにはクライアントとの信頼関係が最も重要なポイントであることを認識しておきましょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.